デジタル人材育成科 オリエンテーション

本日は、皆様との1ヶ月の過ごし方について、シェアして参ります

日程

青丸のついた日に訓練を実施いたします。青丸の無い日は休校日です。

区分受講時間
1限目9:3010:20
2限目10:3011:20
3限目11:3012:20
質疑応答12:5013:20
  • 12月13日(WEBデザイン演習)、17日(プログラミング演習)の2日間は、自宅からオンラインで参加いただく日です。
  • 訓練施設となっている当ビルは8時に開館しますが、弊社とビル管理会社間において、9時半前の時間帯の利用契約はございません。早い時間に入館される際は、ご自身の責任において対応をお願いいたします。

感染症防止対策の取組みについて

  •  毎日、清掃業者による教室のクリーニングを行っております。
  •  訓練開始直前に、PCと机のアルコール除菌を実施しております。
  •  窓の換気および空調による空気の入れかえを実施しております。
  •  アルコールスプレーを用意しております。教室に入られましたら、必ず手指の消毒にご利用ください。

お願い事項

(1)求職者支援制度について

本訓練は、行政当局の承認のもと、当局のルールに準拠して運営して参ります。
例:出席簿、欠席や遅刻の判定、訓練日誌の作成(当番制)

求職者支援制度についての詳細は、以下の資料を参照してください。
https://jsite.mhlw.go.jp/hyogo-roudoukyoku/content/contents/000896756.pdf

(2)訓練受講に当たっての心構えと態度について

  • 他人に迷惑をかける行動は慎み、節度ある態度で臨んでください。
  • 服装は、職業訓練受講者として相応しいものの着用に努めてください。
  • 受講中、携帯電話はマナーモードに設定下さい。
  • 施設内及び駐車場内での貴重品等は、各自責任を持って管理してください。※当施設では、貴重品等の紛失・事故等に一切の責任を持つことは出来ません。
  • 雇用保険受給者、及び職業訓練受講給付金の該当者は、訓練期間中に就労(アルバイト等)される場合、必ず、ハローワークに届出を行ってください。
  • 休憩時間中に、施設の設備を利用して訓練の予習・復習を行う場合や、施設外に出る場合は、必ず講師に申し出て事前に許可を得てください。

(3)受講に必要な要件:なし
(4)訓練期間中の諸規則等について
   ○緊急連絡先:090-8575-0864
   ○緊急避難経路:平時と同じ経路から速やかに避難
   ○安全衛生:休憩時間の活用(定期的なストレッチ)
   ○事故弁償:通学時などに事故に巻き込まれた際は報告をお願い致します
   ○喫煙場所:なし
   ○飲食:においの少ない軽食に限り、可能です
   (例:サンドウィッチ・おにぎり・お茶・水 等)
   ※ゴミは必ずご自身でお持ち帰りください。
   ○携帯電話の使用:休み時間のみ、教室内で使用可能です
   ○お手洗い:フロア内に男女別にございます。
(5)修了要件等について:訓練日数の8割以上を受講し、訓練内容を習熟した方に対して、修了証が発行されます

(6)出席管理について:

  • 訓練において出席すべき時間は、全て(開講式、修了式、キャリアコンサルティングを含みます)出席管理の対象となり、修了要件(出席率8割)や職業訓練受講給付金の出席要件の算定対象となります。
  • 出席管理は、イ)~ハ)のとおり時限毎に行います。

イ) 1日の訓練時間の全ての時限に出席した場合に「1日出席」となります。
ロ) 1日の訓練時間のうち、欠席・遅刻・早退・欠課をした時限がある場合、1日の半数以上の時限に出席した場合には「1/2日出席」となります。
ハ) 1日の訓練時間のうち、欠席・遅刻・早退・欠課をした時限があり、1日の半数未満の時限にしか出席しなかった場合や全ての時限を欠席した場合は「1日欠席」となります。


(7)遅刻・早退・欠席・欠課時の取り扱いについて:

病気その他やむを得ない理由による欠席・遅刻・早退・欠課について、あらかじめ所定の様式「欠席届・遅刻・早退・欠課届」に記入し、担当者に提出願います。なお、急な病気等の突発的事由により事前に提出できない場合は、電話 (連絡先電話番号 090-8575-0864/AM8:00~PM8:00 の間にお電話願います)にて連絡し、後日速やかに所定の様式「欠席届・遅刻・早退・欠課届」に記入し担当者に提出願います。
※伝染性あるいは流行性の疾病に罹患した場合(インフルエンザ含む)、医師の指示された療養期間については、通所せずに伝染の防止に努めてください。


(8)教科書等の購入について:教材は毎回、電子データを無料でお配りいたします
(9)訓練カリキュラムについて:デジタル人材に必要なリテラシーを、カリキュラムとして選定しています。また、個々の状況や志望に応じて、オーダーメイドで実技訓練を行っていただくことがあります。
(10)習得度の評価について:訓練中、小テストを実施して習熟度を確認します。当施設が未習得と判断した場合には、補修・追考査を実施します。
(11)企業実習について:企業実習は無し
(12)就職支援について:訓練時間外に随時、個別の就職支援を行います。
(13)資格取得に必要な条件について:短期集中講座のため、資格取得は推奨しておりません。
(14)ハローワークへの来所日について:訓練期間中、ハローワークへの来所日はありませんが、修了後に一度、ハローワークへの来所日があります。※職業訓練受講給付金の該当者は、この日に支給申請を行うこととなります。支給申請書の出欠状況欄については、訓練修了日に当施設で証明いたします。

(15)災害補償制度・損害補償制度について:万が一、訓練中もしくは通学中に事故に遭った場合は災害補償制度・損害補償制度の対象となる可能性がございます。問題が生じた場合には、講師にご連絡ください。弊社で加入する補償制度費用保険に加えて、任意で追加の保険に加入していただくこともご検討ください。
(16)退校処分の判断基準と手続きについて:他の訓練生の訓練に支障を与える迷惑行為があった場合、訓練行政当局の基準に準拠し、退行処分となる場合がございます。

職業訓練校における退校処分のルール(各校共通)

(17)訓練期間中における天災等、非常時の取り扱いについて:安全の確保を最優先し、安全な場所から怪我・被災の状況を連絡してください(090-8575-0864)。
(18)インフルエンザ等の感染症に感染した場合について:訓練への参加は控え、感染した旨の連絡を行ってください(090-8575-0864)。
(19)書類等手続き及びハラスメント等苦情相談等の窓口について:当施設には、苦情処理責任者がおります(大鹿)。講師とのコミュニケーションで不安を感じるなどの問題が生じた場合には、速やかにご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。早急に問題の解決に努めます。
(20)ソーシャルメディア等による情報発信の際の注意について:訓練の一貫として、WEBによる情報発信をする機会がございます。SNSなど訓練外での情報発信も含めて、関係者の個人情報(氏名/住所)や写真などが無許可でネットに公開されることが無いよう、ご留意ください。誹謗中傷など、他人に迷惑をかける行為はお控えください。
(21)機構支部職員による訓練実施状況の確認について:訓練期間中、行政当局による訓練確認が不定期に行われます。予めご了承ください。
(22)訓練終了後の提出書類について:就職が決まりましたら、就職状況報告書の提出をお願いいたします。
(23)個人情報の取り扱いについて:氏名、住所などの個人情報の取扱いは必要最低限となるよう努めます。紙媒体は鍵付きの書類入れで、電子媒体はパスワードによるロックによって情報を保護いたします。
(24)就職状況の確認について:訓練終了後3ヶ月間、就職状況の確認とサポートを継続させていただきます。
(25)オンライン訓練:オンライン訓練日は教室での受講はできません。また、キャリアコンサルティングもオンラインで実施します。

(26)就職後、状況確認のためハローワークまたは労働局から確認の連絡が入ることがございますので、ご認識ください。